スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私の中での主軸はラブコメなのです。

図書館戦争パンフ

本日公開初日の『図書館戦争 革命のつばさ』を観てきました。

この作品をリアルタイムで見たことはなく、2,3年くらい前にCS放送でたまたま見て
話に引き込まれたと同時に堂上を演じている前野さんの声に惚れ、
前野さんの存在を知ったという個人的には思い入れのある作品だったりします。

そして数年前に図書館戦争シリーズが文庫化するにあたって文庫を買い始めたのですが
本編読了後、何で革命の話はアニメでやらなかったのだろう?と思っていたので
今回の映画化は凄く嬉しかったです。

ここから先、映画の感想を書きますので念の為、公開終了するまでは
記事を閉じときますので、読まれる方は続きからどうぞ。
率直な感想としては小説を結構端折ってたよね…てことです。
映画は尺がありますし、大筋はきちんと描かれているので全然違和感はないのですが
原作を読んでいると、このシーン映画で観たかったなとか、この描写必要だろってのが
個人的にあったので、ちょっと残念でした。

残念と言えばもう1つ…個人的には堂上が撃たれて足を負傷したシーンから
本屋の倉庫で郁が告白して去るまで最大のドラマチックシーンだと思うのですよ。
なのでそこを若干改変されていたのには残念でした。

市民が堂上達の為に時間稼ぎをしたり、本屋の倉庫で段ボールの上に
壁に身体を預けているシチュエーションや郁が告白して去ってから
堂上が一人つぶやく(映画では言ってなかったよね?)のを観たかったんですがね…。
まぁ…大幅に変更されていたわけじゃないので、そのシーンのニュアンスも
変わってはいないのですが、ここは原作通りにやって欲しかったなぁと個人的には
思ってしまいました。

映画観ている途中ではわざわざオリキャラ(書店の女性)出さなくてもいいんじゃないの?
と不満はあったのですが、家に帰って冷静に作品を考察してみると、
堂上の人となり(キャラクター性)を郁以外の視点から描かれるエピソードがあるのは
キャラクターの深みが増していいんじゃないかっていう結論に辿り着きました。
原作のモブ書店員をちょっと堂上の関わりのある書店員に置き換えたオリキャラだったので
悪目立ちしていなかったという点も大きかったんだと思いますけど。

あと映画観ている時は気づかなかったんですが、家に帰って読み返してみると
当麻先生のラストって原作と違かったんですね…。(今更気づいた)
映画だと良化隊とドンパチ的な事をやりながら、外交官の車で保護されたけど、
原作だと変装して道端ですんなり保護されていたんですね。

そのシーンを原作通りにやっちゃうと映画としては、かなり地味になっちゃうと思うので
いい感じに変更したなと感じました。

全体的には短い時間の中で1冊の作品を上手くまとめたなという印象でした。
そして何より堂上と郁のラブラブ具合に胸キュンしっぱなしで
終始ニヤニヤが止まりませんでしたっ!!!
そして緒方さんがイケメンすぎてびびった!!
アニメシリーズにも緒方さんいましたよね?うーん記憶にない…(苦笑)

作品の主題的には"表現の自由"をテーマにしているんだと思うのですが
私的にはテーマは二の次でラブコメが主軸なのですっ!!!
この作品には堂上・郁以外にもカップルがいるので
外伝も映像化して欲しいですねー。

と以上が感想となります。
映画観た後、TVシリーズをもう一度見たくなってきました。
BD-BOX買おうかどうか迷っています。
何より緒方さんを確認したいっ!!(笑)

コメントの投稿

Private :

プロフィール

湊ーみなとー


●管理人:湊ーみなとー

声優好き&ロデオガールな管理人が
気の向くままに綴る雑記帳。
取り留めない日常からヲタ話まで
フリーダムに語ってます。

熱しやすく冷めやすい為、
様々なジャンルに足を踏み入れている
雑食者です。

時々辛口めいた事を書いている
時があるかもしれませんが、
その辺はご容赦下さいませ。
愛故です…。

尚、各声優さん・先生方
及び出版社・アニメ/ゲーム会社とは
一切関係はありません。

また、画像の無断転載はご遠慮下さい。

●リンクについて●
リンクフリーです。
バナーは以下の画像を
ダウンロードして使って下さいね。
直リンは禁止です。

ブログ名:薄荷ラプソディー
管理人:湊ーみなとー
URL:http://hakrh.blog12.fc2.com/

バナー

カテゴリ
メールフォーム
何かありましたらお気軽にどうぞ☆

名前:
メール:
件名:
本文:

最新コメント
月別アーカイブ
リンク
QRコード
QRコード
検索フォーム
RSSリンクの表示
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。